来院される方へ
地域医療連携
採用情報

産婦人科

LINK: 産婦人科

論文発表:2010年度以降

1)Naoya Harada, Ichiro Nobuhara, Noriko Haruta, Yumi Higashiura, Hajime Fujii, Kaho Yamao, Keiji Shimada:Carcinosarcoma arising from high-grade serous carcinoma of the ovary without estrogen receptor, WT-1, and PAX8 immunoreactivity.
Taiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology  in press.

2)Ichiro Nobuhara, Naoya Harada, Noriko Haruta, Yumi Higashiura, Hideki Watanabe, Shioka Watanabe, Hiroyasu Hisanaga, Toshiyuki Sado:Multiple metastatic gestational trophoblastic disease after a twin pregnancy with complete hydatidiform mole and coexisting fetus, following assisted reproductive technology: Case report and literature review.
Taiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology 2018;57(4): 588-593.

3)Hideki Watanabe, Naoya Harada, Ichiro Nobuhara, Noriko Haruta, Yumi Higashiura, Shioka Watanabe:Magnetic Resonance Imaging and Flexible Hysterofiberscopic Findings of a Uterine Adenofibroma: Case Report and Literature Review.
Case Reports in Obstetrics and Gynecology 2018;DOI: 10.1155/2018/9685683

4)Naoya Harada, Aya Hashimoto, Eijiro Okajima, Noriko Haruta, Yumi Higashiura, Hideki Watanabe,Shioka Watanabe, Ichiro Nobuhara:Angiographic embolisation of a ruptured renal artery aneurysm in a primigravida during the first trimester.
Journal of Obstetrics and Gynaecology 2017;37(2): 254-256.

5)Aya Hashimoto, Junko Takahama, Naoya Harada, Shinsaku Maeda, Hiroshi Anai, Akio Fukusumi, Shunsuke Imai, Kimihiko Kichikawa:A case of uterine torsion concurrent with a ruptured ovarian endometrial cyst.
Abdominal Radiology 2017;DOI: 10.1007/s00261-016-0758-z

6)Naoya Harada, Ichiro Nobuhara, Noriko Haruta, Yumi Higashiura, Hideki Watanabe, Sumire Ohno:Concurrent Malignant Solitary Fibrous Tumor Arising from the Omentum and Grade 3 Endometrial Endometrioid Adenocarcinoma of the Uterus with p53 Immunoreactivity.
Case Reports in Obstetrics and Gynecology 2014;DOI: 10.1155/2014/216340

7)Naoya Harada, Ichiro Nobuhara, Noriko haruta, Megumi Kajimoto:Giant cystic adenomatoid tumour of the uterus
Journal of Obstetrics and Gynaecology 2012;32(4): 407-408.

8)Naoya Harada, Ichiro Nobuhara, Noriko haruta, Megumi Kajimoto:A placental polyp arising from an exaggerated placental site.
Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 2011;37(8):1154-1157.

9)山尾佳穂、原田直哉、延原一郎、東浦友美、藤井 肇、春田典子:性交経験のある性成熟期女性に発症した続発性腟閉鎖症の1例
日本女性医学学会雑誌 2020; 27(3): 433-437.

10)東浦友美、原田直哉、延原一郎、春田典子、渡辺英樹、渡辺しおか:産褥期に発症した成人スチル病.
日本周産期・新生児医学会雑誌 2019; 55(1): 181-186.

11)延原一郎、原田直哉、春田典子、東浦友美、渡辺英樹、渡辺しおか:偽性Bartter症候群合併妊娠で妊娠中母体へのカリウム製剤の補充は新生児の予後を改善する.
日本周産期・新生児医学会雑誌 2017; 53(1): 249.

12)渡辺しおか、原田直哉、美馬 文、箕輪秀樹、春田典子、東浦友美、渡辺英樹、延原一郎:新生児が電解質異常や代謝性アルカローシスを来し、母体を遺伝子解析によりBartter症候群およびGitelman症候群でなく偽性Bartter症候群と診断した1例.
日本周産期・新生児医学会雑誌 2016; 52(1): 99-104.

13)大野澄美玲、原田直哉、春田典子、東浦友美、渡辺英樹、延原一郎.FDG-PET/MRIを用いたがん検診を機に発見された低悪性度子宮内膜間質肉腫.
産婦人科の進歩(近畿産科婦人科学会誌) 2015; 67(2): 60-66.

14)大井豪一, 原田直哉, 中村 徹, 堀江清繁, 井上芳樹, 高井一郎, 小林 浩, 赤崎正佳:奈良県産婦人科医会によるHTLV-1キャリア妊婦に関するアンケート調査.
産婦人科の進歩(近畿産科婦人科学会誌) 2013; 65(3): 251-260.

15)原田直哉, 小林 浩, 井上芳樹, 高井一郎, 潮田悦男, 大井豪一, 小畑孝四郎, 喜多恒和, 下里直行, 中島容子, 中村 徹, 橋本平嗣, 林 道治, 堀江清繁, 赤崎正佳:奈良県における未受診妊婦に関する実態調査.
産婦人科の進歩(近畿産科婦人科学会誌) 2013; 65(1): 1-10.

16)原田直哉, 小林 浩, 井上芳樹, 高井一郎, 潮田悦男, 大井豪一, 小畑孝四郎, 喜多恒和, 下里直行, 中島容子, 中村 徹, 橋本平嗣, 林 道治, 堀江清繁, 赤崎正佳:東日本大震災における奈良県産婦人科医会の取り組みー避難患者の受入れ状況に関する検討を中心にー.
産婦人科の進歩(近畿産科婦人科学会誌) 2012; 64(3): 436-441.

 

学会発表:2020年度のみ掲載

<国内学会:一般講演>

1)延原一郎、原田直哉、春田典子、東浦友美、藤井 肇、山尾佳穂:突然に多量の性器出血を来した帝王切開瘢痕部に発生した子宮筋腫の1例
日本産科婦人科学会第72回学術講演会 東京都(WEB開催) 2020年4月23~26日(示説)

2)山尾佳穂、原田直哉、藤井 肇、東浦友美、春田典子、延原一郎:性交経験のある性成熟期女性に発症した続発性腟閉鎖症
日本産科婦人科学会第72回学術講演会 東京都(WEB開催) 2020年4月23~26日(示説)

3)原田直哉、延原一郎、春田典子、東浦友美、藤井 肇、山尾佳穂:過大着床部は分娩後異常出血の原因になる
日本産科婦人科学会第72回学術講演会 東京都(WEB開催) 2020年4月23~26日(示説)

 

講演:2020年度のみ掲載

1)原田直哉:更年期からも女性が若々しく元気な毎日を過ごすためには
市民健康講座(奈良市総合医療検査センター主催) 奈良市医師会館1Fホール
2021年1月29日(口演)

 

 

ページトップへ 戻る ホームへ