市立奈良病院 臨床研修センター

市立奈良病院メインサイトへ

お問い合わせリンクアクセス

 

後期研修医の声

先輩研修医からのメッセージ

総合診療科                                田井 義彬

私は、卒後1年目に市立奈良病院、2年目に奈良県立医科大学附属病院で初期研修を行い、同総合医療学講座に入局し、5年目から再び市立奈良病院で勤務しております。
3-4年目は、不明熱等の紹介患者や膠原病患者の外来・入院診療を経験し、市立奈良病院では、ER型救急、総合診療科外来・病棟,麻酔科・ICUで研修させていただき、小児科研修も予定しております。

救急では、これまで経験の少なかった外傷、中毒を含む救急対応に不安を感じていましたが、経験豊富な総合診療科の指導医や各専門診療科の先生方のおかげで、診療を通して多くの経験を積むことができ、少しずつですが実践的な知識と技術を身についてきたと感じています。内科救急のみをみていた時よりも鑑別の幅が広がったように感じています。また熱心な初期研修医の先生方からも刺激を受けながら、楽しく救急・当直業務をしています。ドクターカーも経験させてもらっています。
入院診療では、呼吸器・尿路感染といったcommonな疾患から、専門診療科の先生と連携しながら、その他感染症、呼吸器疾患、血液疾患、内分泌代謝疾患といった多種多様な疾患の診療を行います。加えて,がん患者・非がん患者の終末期ケアにも携わります。総合診療科内のカンファレンスや多職種カンファレンスを通して、治療方針を決定していく過程で、自分の持っていない視点に気付く機会が数多くあります。
麻酔科・ICUでは、周術期患者、重症患者の全身管理を通して、救急診療に直結する気道・呼吸・循環等の評価・管理を改めて勉強させていただきました。
勤務を始めて1年ほどですが、市立奈良病院は、病院総合診療医を志す方に限らず、家庭医志望の方、3年目以降にもまだまだ幅広い知識、技術を習得したい方の希望に応えられる、楽しく学ぶことができる所だと感じています。興味のある方はぜひ一度病院を見学に来てください。

消化器内科(消化器肝臓病センター)                   下河邊 嗣人

後期研修医の下河邊嗣人と申します。私は初期研修を順天堂大学付属練馬病院で行い、その後市立奈良病院に来ました。初期研修を終えたばかりで不安は大きかったですが、アットホームな雰囲気でどの科の先生、看護師さんにも相談しやすく、働きやすい環境です。またスタッフの先生も色んな大学出身の方が多いのも魅力の一つです。

消化器内科は治療できる領域がとても広いことが魅力であると思います。食道、胃、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢などを扱うため、検査の種類も豊富であります。手技が多いために手を動かすことが好きな方には消化器内科で仕事をすることはとても楽しいと思います。

消化器内科は専門領域が多く分かれていますが、当院にはスペシャリティーの高い優秀な医師がそろっており、モチベーションを高めてくれる熱血指導をしてくれます。検査、処置の件数も多いために実力をつけたい向上心のある医師にとっては非常に魅力的であると思います。 ルーチン検査(上部下部内視鏡検査、腹部エコー検査)はもちろんのこと、緊急処置にもまずは後期研修医が先発でやらせてもらいます。ERCPに関しては必ず指導医の先生に、検査の最初から最後まで指導してもらえますし、カニュレーションできない時も、その後の処置は再度スコープを渡してもらえるので、非常に修練になります。

その他、PTGBD・PTCD・肝生検なども数多く経験することが出来ます。またESDなどの最先端の医療も教えて頂いています。他科(特に消化器外科)との垣根が低く、連携が取りやすいので、緊急での処置でも安心して行うことができます。

その他には学会発表などの機会も多数あり、非常に勉強になることが多いです。
興味を持たれた方がおられましたら、是非一度見学に来てみてください。

循環器内科                                芥子 文香

いきなりですが、循環器内科医って、どんなイメージでしょうか?
カテ屋さん?
初期研修医になったばかりの頃は、どの科に行くかさえ決めれば、その先はとりあえずその科で頑張っていればそれなりにコースが決まっていて、何年かたてば一人前になっていくものなのかなと、漠然と感じていました。
実際に循環器内科に入ってみると、いろいろ分岐点があり、上級医の先生方は循環器内科全般の知識や技術を持った上で、それぞれ循環器内科のなかでも専門分野を持っていて、その分野で積極的に研究をして学会発表,論文作成をしていると気付きました。
カテーテル検査に関しては、治療の件数や、患者さんの重症度、スタッフの人数、指導医の指導力、バックアップ体制など、病院により差はあるものとは思いますが、後期研修医を受け入れている循環器内科なら、どの病院でもある程度CAG、PCIには力を入れていることとは思います。
当院では、狭心症や心筋梗塞に対するPCIは勿論、下肢動脈のEVTやカテーテルアブレーション、ペースメーカ植込みなどに加え、透析シャントPTAや肺高血圧症に対するバルーン治療(BPA)などの特殊な治療に関しても、上級医の指導のもとで学ぶことができます。
後期研修がはじまり、最初はカテーテル手技と並行して、救急対応や病棟診療、CCU管理を行い、色々な疾患の患者さんの入院加療を行った段階で外来診療を任されるようになります。また、心筋シンチやCT、トレッドミル、経食道心エコー、心臓リハビリテーションなども順に担当していきます。
幅広い循環器内科の業務に段階的に関わっていくことで、無理なく循環器内科医として必要な知識やスキルを身につけることができるようになりました。
また、当科では、毎朝のCCUカンファレンスや心カテカンファレンス、週に1回の新入院のカンファレンスや糖尿病内科、心臓血管外科の先生とのカンファレンスが行われており、それ以外でも気軽に質問して教えてもらえる環境です。また、興味がある分野があれば、積極的に担当できるよう調整することが可能です。

循環器診療は勿論ですが、私が個人的に、当院で働けてよかったと感じている点は別にもあります。

まず一つは、内科研修に加えて、ER当直として、外傷を含めたあらゆる疾患の救急対応について学び続けることができる点です。.当院では初期研修医と上級医の間に、シニアレジデントの当直枠があり、夜間のER当直に入ることができます。
実際、3年目になると、自分の診療科以外の疾患については、教えてもらったり自分の診療に対してfeedbackをもらったりする機会はほとんどなくなることが多いです。
シニア枠でERに入ることで初期研修医の頃よりは知識も責任も増えている(筈の)状態で診療し、上級医からfeedbackを受けることができ、当直に入るたびに新たな学びを得ることができます。
もう一つは、初期研修医がすごく積極的で、教え甲斐があることです。自分が教えた研修医が、後輩の研修医や学生に自発的に教えているところも、日常的に見ます。
教えているはずのこちらがいい刺激を受けますし、自分の勉強にもなりますし、他科の知識だと逆に後輩から教えられることも多く、一緒に働いていて本当に楽しく、やりがいを感じます。
循環器内科志望の方もそうでない方も、内科に決めたけどどの科も興味があるので絞れないという方や、内科も救急も診れるようになりたい方、家庭の事情などですぐに医局に入るのはちょっと…という方も大歓迎です。是非一度見学に来てください。

ページ冒頭へ