市立奈良病院 臨床研修センター

市立奈良病院メインサイトへ

お問い合わせリンクアクセス

 

救急(総合診療科)

救急部門(総合診療科)後期研修プログラム

診療科の紹介

当院は奈良市の中核病院として市内随一の救急搬送対応を担っています。ER体制の運用で,搬送患者全て(小児科産婦人科を除く)に対応しており,救急搬送患者数は約4,000名,さらにドクターカーでも活躍し,内因性からHV外傷まで様々な疾患に対応しています。
また,ER対応だけではなく、重症で集中治療が必要な患者さんは集中治療専門医と共にICUで、中等症以下ではあるものの入院を要する状態の患者さんは一般病棟での入院管理を継続して行っています。

救急部門プログラム内容(現行制度)
救急学会新専門医プログラム(新制度:基幹病院)
※いずれも選択可能です。

プログラム年数
3年

後期研修プログラム概要

研修目標

救急医として全ての救急患者の初療およびICUを含めた入院治療を行うことができる能力を備えた救急科専門医となる。

研修内容

幅広い見識と技能によりER型救急医療に携わる救急科専門医の育成を目標とする。

当院の総合診療科には、総合診療と救急医療の両方の専門医・指導医が在籍しており、両者の視点からの指導が受けられること、集中治療科、放射線科をはじめとした各科での研修を通じ救急診療に必要な技能の習得が可能という特徴がある。

研修施設

基幹研修施設: 市立奈良病院 総合診療科
研修プログラム責任者名: 川口 竜助

研修プログラム

1年目
  • 研修到達目標
    様々な救急病態を経験し、診療に必要な手技を実践し、救急医としての基礎を確立する。
  • 指導体制
    当院のERは総合診療科専従の救急専門医とともに、脳外科、循環器内科、消化器内科、整形外科をはじめとした院内各診療科の専門医と共同運営している。初療は救急医がまず担当し必要に応じ各専門家にコンサルトする体制にあり、救急科専門医及び各診療科の専門医の指導を受けることが可能である。
  • 研修内容
    基本的には指導医とペアで患者を担当し、担当医として初期治療から退院までの診療を行う。
2年目
  • 研修到達目標
    救急医としての知識・経験と技術を向上させ、更に初期研修医に対する指導ができる
  • 指導体制
    総合診療科在籍の救急科専門医により、個々の症例あるいは手技につき指導や助言をうける。併せて、エコー検査、血管造影検査などER診療に必要な手技の研修を行う。日々のカンファレンスで受持患者以外の症例に関しても討論を行い、医学的・社会的な諸問題に関する経験や考察を深める。
  • 研修内容
    一人で、あるいは研修医とペアで患者を担当する。救急部門の日々の運営にも主体的に関わり、判断力や決断力、実行力を養う。カンファレンスの司会、救急患者受け入れやベットコントロール、スタッフの割当てなどを担当する。ドクターカーで病院前救急医療を実践し、救急救命士の指導に当たる。
3年目
  • 研修到達目標
    救急受け入れの指揮および施設全体のマネージメントができ、さらに、地域医療や行政における救急医の立場を理解する。自身の将来構想のもと研修を行い、研究のプランも立てる。
  • 指導体制
    総合診療科在籍の救急科専門医により、必要な場合あるいは本人が求めた場合に、指導や助言をうける。
  • 研修内容
    多岐にわたる救急疾患の初期診療のリーダーとして、また複数の救急搬送に対応する能力を磨く。また, 研修医に対する指導や、全体のマネージメントについて、さらに、地域医療や行政における救急医の役割についても学ぶ。他科研修での経験を基盤にERの質の向上にも取り組む。

 

研修スケジュールの例
フルタイム
パートタイム
1年目
ER      8ヶ月
循環器    2ヶ月
麻酔科    2ヶ月
超音波検査
2年目
ER      8ヶ月
整形外科   2ヶ月
選択     2ヶ月
画像診断
血管造影
3年目
ER      6ヶ月
集中治療   4ヶ月
選択     2ヶ月
超音波検査
血管造影

研修風景選択については、院内の一般外科、消化器科、小児科、集中治療、四肢外傷センターの他、他施設のER、院外の救命救急センターでの研修を想定しており、適宜相談に応じます。経営母体である地域医療振興協会の病院が全国にあり,選択先として考慮可能です.

また、3年間を通じて各種教育コースを積極的に受講する。ICLS,BLS,ACLS,JPTEC,JATEC、FCCS、MCLSの優先受講枠の提供が可能であり(一部除く)、インストラクター資格の獲得も目指す。

救急に関連する全国学会で年1回以上の発表、地方会でも年1回以上の発表を行う。

 

後期研修医でできること

  • 手技・検査
    ・総合診療科:気道管理(気管挿管)、胸腔ドレーン、中心静脈、救急エコー、 NPPV
           気管切開、気管支鏡(救急)
    ・他科研修 :IVR、読影(放射線科)、集中治療管理(集中治療部)、エコー(臨床
           検査科)
           四肢外傷対応(整形外科)、縫合・軟部組織感染(形成外科)、他
  • 診療内容
    ・救急外来 : 内因性疾患一般、外傷(多発外傷を除く)、中毒、その他外因疾患、
            CPA
    ・総合診療科外来:鑑別診断の研鑽、慢性疾患の外来管理
    ・病棟管理(ICUを含む)
  • その他
    ・各種コースを開催(開催に協力)しており、優先受講枠もあります。
    (ICLS,AHA各種コース、JPTEC、JATEC、AMLS、FCCS、SHEAR、PTLS、他)
    ・DMAT隊員資格取得希望者には取得に向け協力します。
専攻医数

2名/年

 

ページ冒頭へ